MENU

復活したディーゼルが魅力大 上質な乗り味も侮れない。

 

 

今日のSUVではセダンなどの乗用車とプラットフォームを共通化したシティ派が売れ筋だ。

 

 

悪路の走破力を重視するモデルは需要が減り、以前に比べると車種数が限られる。

 

 

 

こうしたSUVの動向を考えると悪路の走破に重点を置いたランドクルーザープラドは兄貴分のランドクルーザーと並んで国産SUVでは貴重な存在だ。

 

 

FRをベースに悪路向けのシャシーを備え足回りの伸縮性も優れている。

 

 

凸凹の激しい悪路でも四輪をしっかりと接地させて駆動力を路面へ確実に伝達する。

 

 

 

 

また国産のオフロードSUVの中では、舗装路における走行安定性が最も高い。

 

 

 

差h両重量は最上級のTZ-Gになると2300キロに達するが、峠道を走ったり、素早い切り返しを強いられてても姿勢の変化が穏やかであおられる挙動が生じにくい。

 

 

 

 

2009年のフルモデルチェンジ時に開発者は悪路の走破力は以前から高かったので、現行型は舗装路の走りに力を入れた。

 

 

今は舗装路を中心に使うお客様も増えたのでとコメントしている。

 

 

 

 

エンジンは15年の搭載された2.8Lのクリーンディーゼルターボに注目したい。

 

 

他車のディーゼルには1500rpm以下での駆動力が低下するタイプもあるが、プラドは1300rpm前後から十分な性能を発揮する。

 

 

2000rpm付近の駆動力は極めて高く、ディーゼルの底力を満喫できる。

 

 

 

ランドクルーザープラドは悪路を走るための本格的なオフロードSUVだが、走りの魅力は舗装路上でも十分に味わえる。

 

 

 サイト管理人はこう感じる!

 

 

2.7Lのガソリンエンジンではパワー不足で推奨しにくい。

 

2.8LディーゼルエンジンターボのTXがお買い得だ。

 

価格だけを見るとTXの方が約61万円高いが、エコカー減税対象で補助金も交付される。

 

これらを差し引くと実質差額は約38万円に縮まる。


 

 

関連コンテンツ
プラド 値引き

 

 

トヨタ店へ行く前に、必ず愛車の一括査定を!



 トヨタ店へ行く前に!!

 まずは愛車の売却相場を知らないと・・・
 愛車の下取り額に対して正しい判断が出来ず、損をする可能性があります!



 だから!!
 「カービュー」 等のネット一括査定サービスで愛車の売却相場を知って下さい。
 査定額の差が最大で65万円となったケースも実際にあります!