MENU

カー雑誌

 

当サイトの情報は、月間自動車・ザマイカー等の車関連のさまざまな雑誌をベースに、ネットの情報も加えてランドクルーザープラド(ランクル)の目標値引き額を掲載しているので、正しい情報と言えます。

 

しかし、この値引き情報をトヨタ店の営業マンに直接伝えても目標額の30万円以上の値引きをゲットできる方は少数派でしょう。

 

 

ランドクルーザープラドを最安値で買う方法をマニュアル化

 

 

雑誌の値引き情報がトヨタ店では通用しない理由

 

雑誌等の情報は最終的な値引きの結果だけを掲載しており、商談の途中経過を省略しており、最終的な値引き目標だけを伝えたところで、それだけでは実際の商談の場では無力です。

 

目標値引きまで届かなかった人に聞いてみると多くの人が競合車を設定しておらず、トヨタ店にとっては競争相手がいないので必要以上の値引きをする理由がないのです。

 

目次へ戻る

 

 

プラドに決めたけど、ライバル車との競合は本当に必要?

 

 

競合が大事
仮に心の中ではランドクルーザープラドに決定しているとします。

 

しかし、営業マンにランドクルーザープラドを買うのが確実だとわかると、ディーラーは儲け重視となり値引きを控えてしまいますが、ライバル車とランドクルーザープラドとどちらにしようか真剣に迷っていると、プラドの方を選んでもらうため仕方なく値引きアップしてくれるわけ。

 

 

 競合車設定とディーラーリストアップ!

 

まず最初に・・・
いきなりトヨタ店に行くのはやめて下さい!

 

このお客さんはプラドが欲しいのが確定的とバレると、ディーラーは値引きを抑える傾向がありますので・・・。

 

よって、プラドだけで商談を進めていくよりも、競合車を用意し「プラドかパジェロで迷っている」感じで契約直前までやった方が値引き額はあがりやすいです。

 

なので、まずはじめに自宅で競合車の設定とディーラーをリストアップして下さい。

 

 ポイント
パジェロと比較して、どちらかで真剣に迷うと値引きアップしやすい

 

 

競合で必要なのは、今いるお客さんがライバル車のパジェロを選ぶかも知れないという緊張感です。
その感じが営業マンにうまく伝われば、その営業マンも徐々に本気を出してきます。

 

 

ランドクルーザープラドの競合車一覧
おすすめの「ランドクルーザープラドの競合車」 をリストアップしたので選んで下さい。

 

 

ランドクルーザープラドの同士競合
トヨタ店の場合は基本的に1都道府県に一法人なので競合は意味がありませんが、県境にお住まいの方は県をまたげばディーラーを経営する法人も違ってくるので、トヨタ店同志で競わせるようになります。

 

(サイト管理人は奈良と京都の境である宇治市在住ですが、奈良トヨタと京都トヨタでは経営会社、つまり社長も違うということです。)

 

奈良トヨタ VS 京都トヨタ

 

 

トヨタの公式サイトには、トヨタ店を経営する法人名もチェックできるようになっていますので、同士競合ができるトヨタ店を探してみましょう。

 

 

 

 

 

しかし、ただライバル車であるパジェロの見積もりをとった程度では、本命であるランドクルーザープラドの値引きアップにはあまり貢献しません。

 

プラドと対等に張り合うためには、パジェロの値引きもそれなりの値引き額を引き出しておく必要があります。

 

パジェロも本命車のつもりで商談することですね。

 

 

 

ディーラーの傾向を知ろう

 

何店舗かディーラーをまわってみると・・・

  • 値引き額はでかいけど、下取り提示額が安い・・・
  • 値引き額はイマイチだが、下取り提示額はまずまず・・・

 

こんな傾向があるのがわかると思います。

 

プラドの値引きもでかいし、下取り提示額も高いという条件が揃っているディーラーはなかなか見つかりません。

 

 

 

 

車買取専門店を利用すれば下取りと切り離して値引きの多いディーラーを選べます。

 

 

 

下記の中でもガリバー・アップル・ラビット・ビッグモーターといったところが大手になります。

 

 

 

車買取専門店は買取りに特化しているのでディーラーの下取り額よりも高額査定がでやすいです。

 

最も高く買ってくれる買取り店を見つけるコツは、少なくとも3社以上に査定依頼して見積もりを比べてみることです。

 

ディーラーも回らないといけないのに、買取り専門店まで数多く回らないといけないというのは面倒くさいです。

 

そんな忙しい人に利用して欲しいのがクルマ一括査定サイトです。

 

 

スマホ・PCから複数の車買取専門店に一括で査定を申し込めます。

 

 

査定会社を利用するメリット

  • 申込みは1回のみ・入力時間は約60秒。
  • 自宅まで来て無料出張査定してくれる。
  • 査定日を指定すれば、複数業者での同時査定ができます。
  • 下取り提示額との差がわかる

 

ディーラー下取り提示額よりも平均で約17万円高く売れているというデータがあります。(楽天オート2017年調べ)

 

下取り車の売却価格を調べてみる

 

 

 

 

なんだと?

 

17万円も!?


 

 

下取り価格にも競争原理を取り入れましょう!

 

カービューの無料一括査定はお得

 

〇 下取り査定提示額21万円のヴォクシー ⇒ 47万円 +26万円

 

〇 下取り査定提示額 76万円のプリウス ⇒ 117万円 +41万円

 

もっとお得な事例もたくさんあります。

 

カービューの無料一括査定はこちら

 

ほぼ、買取り専門店の方が高く売れますので、あとは最高の値引きをしてくれるディーラー探しに専念できます。

 

 

 

万が一、買取価格に満足できずに愛車を売らなかった場合でも完全無料ですので安心して下さい。


 

目次へ戻る

 

 

 

競合車はなぜ必要なのか?

 

 

 

 

どうせ最後はウチで買うんでしょ?


 

例え、セールスマンに「プラドは値引きはできませんよ」 と言われても気にしないで下さい。

 

気に入っているのはプラドの方なんだけど、ここまで値引きの差があるとパジェロになるなあ〜と返答して値引きアップを催促できます。

 

商談というのは、ユーザー側が完全勝利したり、100%完敗したりすることはまずなく、必ず真ん中あたりに落としどころがあります。

 

その落としどころをどれだけ自分の方へ持ってこれるかが、重要なのですね。

 

 

交渉編
このサイトでは3回の交渉で完結する短期交渉編を例にご紹介します。

 

 

まず、カーディーラーへ行く前に買取り専門店で、愛車の売却価格を調べてみて下さい。

 

売却価格を知ってから、ディーラーへいくとディーラーの下取り額と買取価格の差が明確になります。

 

 

第1ステップ

 

 必ずライバルのクルマから交渉を始める

 

本命:ランドクルーザープラド
ライバル車例1:パジェロ(三菱)
ライバル車例2:ハリアー

 

担当の営業マンを決めて名刺をもらって下さい。(なるべく相性の良い人を選ぶ)

 

1回目の商談では具体的な値引きについて話さなくても構いません。

 

やること
その後は展示車を見たり、試乗車がおいてあれば試乗して下さい。

 

グレードによって違う装備の違い、ナビなどオプションに関して疑問点があれば聞いてみる・・・というのが第1ステップ段階です。

 

 

この作業を、トヨタ店、三菱店、トヨペット店の3店で行います。

 

 

 

プラドが大本命であっても、決してその事は言わない

 

トヨタ店では、三菱のパジェロ、ハリアーも候補です・・・と言っておく

 

総予算は内緒にしておく


 

第2ステップ

 

2回目の商談から値引き交渉を本格的に開始します。

 

まずは、ライバル車の三菱のパジェロの値引き交渉からスタートさせましょう。

 

現時点での精いっぱいの値引きをお願いし、その条件をもってハリアーのあるトヨペット店へ行きます。

 

そうやって出てきた2つの条件をプラドにぶつけます。

 

 

ディーラーへ行く順番

  1. 三菱店→トヨペット店→トヨタ店
  2. トヨペット店→三菱店→トヨタ店

どちらの場合も、トヨタ店を最後に!

 

 

 

大幅値引きを引き出すコツ
ひとつでも好条件が出れば、その条件を他のディーラーへ持って行き、さらに好条件が出ればまた違うディーラーへ持って行く。

 

こんな感じで好条件のぶつけあいを続け、限界あたりの値引き額をさぐります。

 

巧みなトーク術や、難しい駆け引き等は特に必要ないです。

 

  • プラド、パジェロ、ハリアーのどのクルマかを決めかねている、
  • なるべく安く買いたい。

 

この点を強くプッシュすれば、値引き額は次第にアップしていきます。

 

 

プラドの同士競合は非常に効果のある商談のやり方ですが、この後で紹介する第3ステップの最後の時に実行した方が結果が出ます。

 

 

 

 

好条件が出たらその条件を持ってライバルのディーラーへ、さらに好条件が出ればまたライバル会社のディーラーへ。

 

このようにライバル会社の中で競合を繰り返す

 

ディーラーオプション関連商品は2割OFFが目標

 

プラド同志の競合は一番最後に!


 

 

第3ステップ(ラストの商談)

 

2回目までの商談で一定レベルの値引き額を引き出した後、できるエリアならプラド同士で競合させます。

 

 

 

 

実は・・・

 

総予算は500万円なんです。


 

納得して頂ければ、この場でパジェロ、ハリアー担当の営業マンにお断りの電話をしますと言って、多少厳しめの金額を出して様子を見ます。

 

OK!とならば、契約!となりますが・・・

 

「それはさすがに厳しいです・・・」
となった場合は?

 

ボディーコーティングを無料サービスして下さい等と妥協案をこちらからふってみましょう。

 

 

 

プラドの同士競合をされる方
ラスト交渉時の煮詰まったプラドの見積もり書を持って経営母体が違うトヨタ店へ行きます。

 

そこでのセリフは?

 

 

これよりも良い条件なら。

 

このお店で買います!


これしかありませんね。

 

 

目次へ戻る

 

ローン

 

トヨタ店が取り扱っているローンは、ほとんどが信販系で銀行などのマイカーローンと比較すると金利が高いです。

 

 

現在の超低金利時代ですが・・

 

ディーラーのローン金利は4〜6%、銀行のマイカーローンは3%台です。


 

 

  ディーラー 銀行のローン
金利

4.6%

3.0%

借入れ額

400万円

400万円

毎月の返済額

74,754円

71,874円

総支払額

448.5万円

431.2万円

利息額

48.5万円

31.2万円

差額

+17万円

-

 

たった1.6%の金利の違いで支払い総額が17万円も変わります.

 

プラドの値引きをさらに17万円アップさせるのは、もう無理です。

 

ディーラーでローン手続きするのはたしかに楽ちんなのですが、17万円得したいと思う人は手間を惜しむな!!ですね。

 

普段使っている銀行でも同じような金利優遇しているかもしれませんので一度調べてみると良いでしょう。

 

 

 

諸費用カットで2.5万円浮かせる!

 

  1. 納車費用
  2. 車庫証明代行費用

 

カー雑誌の商談レポートを見るとなぜか当然のように登録諸費用がカットされていますが、営業マンにお願いしただけではカットしてくれない場合も多々あります。

 

そういう場合は、残念ですが自分がやるしかありません。

 

 

 

@ 納車費用

ディーラーによって違いがありますが、トヨタ店の場合は1万円程度です。

 

自宅まで届けてくれるのはありがたいのですが、それだけで1万円というのはサイト管理人としてはちょっと高すぎる感じがしますね。

 

直接、販売店まで取りにいけば納車費用はもちろん不要です。

 

納車費用カットで届けてくれる場合はありがたくお願いしましょう。

 

 


たまに、「納車費用は製造工場からの陸送の分も含まれているのでカットできません」と言ってくるお店が見られますが、それは認められません。

 

カットできないと言われたときは日本自動車販売連合会のサイトに以下の事が書いてあったよと伝えて下さい。 業界のルールです!

 

 

お客様が自ら車庫証明手続きを行ったり、販売店の店頭で車の引き渡しを受けた場合には、それらに該当する車庫証明手続き代行費用や納車費用は不要となります。

 

続きを見る

 

 

 

 

A 車庫証明代行

 

現在はトヨタ店でやってもらうのが、当たり前みたいになってますが、車庫証明は本来プラドを買うお客さまが行う作業になります。

 

 

 

最寄りの警察署にいけば

 

ご自分でも手続きできます。


 

代行費用はトヨタ店にによって、若干の違いはありますが15,000円前後のところが多いですね。

 

もちろん自分で車庫証明の手続きをすれば車庫証明代行費用は不要です。

 

 

納車費用・車庫証明代行費用を両方カットできれば約2.5万円浮きます。

 

 

目次へ戻る

 

 

 

最後のダメ押し交渉でやって欲しいこと!

  1. ガソリン(軽油)満タン(10,000円分)で納車
  2. 端数のカット

 

以上の2つをお願いします。

 

そこで納得できれば、ようやくハンコを押せるわけです。

 

 


「この要求が通ったらハンコを押します」 と言ったセリフ付きで言ってみましょう。

 

このような細かい要求は商談の中盤で言うのはダメです。

 

その理由は肝心のプラドの値引きが減る可能性があるからですね。

 

 

 

大きな要求を飲んでもらってから、細かい要求に行って下さい。


 

 

 

 

 

契約の直前がお客側のわがままを最も聞いてくれる時間です。

 

ローンで購入するなら三菱が採用しているローンの金利も参考にする

 

キャッシュのお客よりもローンで購入するお客の方がローン会社から手数料が入るので、少額でも良いのでローンを組んだ方が値引きには若干有利。


 

 

 

満足できなかった場合は?

上記のやり方をやってみたが、満足できる値引き額が出なかった場合ですが、現在は新車のプラドを購入するのにタイミングが合わないのかも知れません。

 

車検の時期に余裕があるなら、2017年の3月の大決算セールを待つのもありです。

 

この方法には思わぬ効果があって、「残念ですが今回は見送ります」というと土壇場で値引きアップする例があります。

 

トヨタ店から見ると、せっかくここまで商談したのにまた一からやり直しはできるだけ避けたいのでしょう。

トヨタ店へ行く前に、必ず愛車の一括査定を!



 トヨタ店へ行く前に!!

 まずは愛車の売却相場を知らないと・・・
 愛車の下取り額に対して正しい判断が出来ず、損をする可能性があります!



 だから!!
 「カービュー」 等のネット一括査定サービスで愛車の売却相場を知って下さい。
 査定額の差が最大で65万円となったケースも実際にあります!